古代蓮

2014.07.31.11:16

  古代蓮(続編)

古代3

 期待していた古代蓮の花ですが、残念なことに花芽がでません。

 蓮の葉は、大きく立派なのですが、小さな葉を含め20枚以上伸びました。
素人で咲かせるのは、なかなか難しいと分かりました。

 もうそろそろ古代蓮の花も終わりに近づいていることでしょう。

 毎朝、井戸水をあふれるぐらい追加して、花芽の出るのを楽しみに
覗いていたのに今日も一本ぐらい花芽がでないかな~~とーーーー

 残念ですが、葉を眺めて我慢しましょう。
古代蓮4

 それにしても立派な葉です。
ネットで調べて、育て方を研究して来年こそ咲かせてみようと思います。

 植物は正直ですから、手入れをきちっとしてあげれば応えてくれると
信じ諦めずに一年をかけご機嫌取りに専念しようと考えています。

 来年はお願いします。古代蓮
スポンサーサイト

月桃

2014.07.18.10:41

  月  桃

月桃

 月桃の花が咲き始めました。

 何とも不思議な花です。
 熱帯、亜熱帯地方に多く見られ、関東地方では珍しいのではないでしょうか。

 軒下の日当たりのよい場所に植えてありますが、花を咲かせるのは難しい。

 今年は手入れが良かったせいか、月桃も応えて花を咲かせてくれました。
葉は、楕円形で大きく高さは2m近くあります。

 沖縄では咲き誇っていることでしょう。

 種も大事に保存してありますが、実生から育てるのはかなり難しそうです。

 それでも育ててみようと云う方がいらっしゃればお分けしますのでご連絡ください。
月桃2

 近くで見るとこのような花です。

 何とも変わった花です。

 フェイスブックにも載せましたが、多くの人に見てもらいたいとブログに
掲載しました。

 お近くの方であれば、是非ご覧にきてください。お待ちしています。
 

愛しのマラム

2014.07.04.11:07

   愛しのマラム

マラム

愛しのマラム

 今日は、天に召された愛鳥マラムの命日。
 マラムが我が家の一員となったのは、2001年7月である。
二女が学校帰りに道端に落ち瀕死の重傷の幼い鳩を大事に連れて来たのだ。
すぐに近所の獣医さんのところへ行き、傷の手当をしてもらい、薬をいただいてきた。(なんと獣医さんは治療費を無料にしてくれた)
 それからが大変な毎日で、何とか生き延びてもらうために薬を与え、水を飲ませたり、目薬を与えたりで目が離せない。

 一時は、助けられないかなと思ったのですが、奇跡的に回復の兆しが表れてすくっと立てるようになったのだ。
段ボールのハウスで囲いはなく元気になれば何時でも出られるのですが、段ボールハウスから出るまでにかなりの日時がかかった。

 この幼い鳩の生命力は素晴らしく、獣医さんの薬も効いたのでしょう。眼も見えるようになったらしく、日増しに回復しているな、と実感できた。その後部屋の中を歩き回れるようになったが、まだ飛ぶことは出来ない。

 二女が状況報告とお礼に獣医さんのところへ行ったら喜んでもらえて次からは薬代がかかるよと言われたそうだ。

 マラムと命名。これで家族の一員となった。マラムとは、インドネシア語でスラマット マラムこんばんはと云う意味である。

 大きなマラム用の部屋も用意し、少しなら飛べるようにもなり。私たちの足音で誰であるかもわかり、バタバタと羽を鳴らして知らせる。とても外では暮らしていけない状態なので、長いおつきあいとなった。鳩の餌は食べず、緑豆が大好きでした。

 昨年の今日、様子がおかしい。2~3日前から食が細り心配はしていたのですが、特に問題ありげで、とうとう来るべきものが来たのかと思わせる状況。家族全員に連絡21時30分全員に見守られる中、少しの水を飲み掌の中で安らかに天に召された。
 ありがとうマラム。マラムとの12年に及ぶ思い出は忘れられない。
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
RSSフィード
リンク
ブログ内検索