スリランカから届いたベアフット

2012.10.18.12:00

 ベアフットご存知ですか?

ベアフット
 女流画家のバーバラ・サンソニさんが「貧しい村の人たちのために何か手に職を」と
50年前に私財で手織りと手染めの指導を始めて《BAREFOOT》を立ち上げこれらの
作品が作り上げられたそうです。

 知る人ぞ知るベアフット。スリランカの女性が手染、手織り、色落ちしない
100%コットンでエコで安心TOY。

 ついつい宣伝してあげたくなりました。

 色合いもよく、同じようで同じものがない。ずいぶんと手がかかって
いるのでしょう。

 自然のものが見直されている今日あなたも一ついかがでしょう。

ベアフット2
 色とりどりの動物たちがかわいい。

 種類も豊富でどれにしようか迷います。
今では袋もの、敷物等々色々あります。

 子供ずれで来るとあれも、これもと抱えて離さないかも

 私は、デジカメ入れとスイカ入れを持ち歩いています。
あなたもどうぞ。
スポンサーサイト

彼岸花

2012.10.01.10:21

 彼岸花

彼岸花

 毎年、彼岸の入りから明けの頃に見事に咲きだす彼岸花が、今年は
茎を伸ばしただけでどうしたのかな~と案じていました。

 世の中、狂いに狂っているので草花も狂ってしまった?

 日本列島を縦断した台風17号が、昨日は家を揺さぶり一瞬地震かな
と思わせる強風に目が覚めてしまいました。

 駆け抜けた台風も朝には遥か海上へ去り、台風一過の秋晴れとなりましたので
早速彼岸花を見に行ったところ茎が少し傾いていましたが、見事に咲きだしました。

 草花は咲く時期に咲かないと何か問題があると教えてくれます。

 自然とは何時までも仲良くしていきたいものです。

彼岸花2

 別名、マンジュシャゲ。(赤い花ならマンジュシャゲ~)と歌われていた子供の
頃を想い出します。

 埼玉県日高市の巾着田には200万本が群生しているとのこと。
写真では見ますが、実際に見るときっと見頃なものでしょう。

 だいぶ前に車で出かたのですが、駐車場へも入れず引き返したことが
あり、それ以来尋ねていませんでしたが、最近は最寄の駅からいけるように
なったそうです。

 今が一番の見頃。出かけてみたらいかがでしょう。

 彼岸花は、有毒性植物ということをお忘れなく。

 もっとも有毒人間も増え続けているので、その方が怖いので
お気をつけあそばせ!
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
RSSフィード
リンク
ブログ内検索