せミ(蝉)

2012.08.27.15:33

 都会のセミ

せみ

 8月24,25日と東京プリンスHで開催されたITCカンファレンス2012に
参加しました。

 たまには新しい情報と知識を吸収して顧問先のお役に立てないといけないと思い
出かけた訳です。

 お昼休みに増上寺際の桜の木で鳴くミーンミンミン、オーシンツクツクの声に
誘われ近くで見上げるといたいたいました。
さてどちらのセミでしょうか?アブラゼミでないことは確かなのですが分かりません。

 セミは7年間土の中で過ごし、地上に出て7~8日で一生を終えると
聞いていますが、その生態は不明だそうです。

 焼けつくような陽ざしの中、小さな体でどうしてこのような大きな声が出るのか
不思議です。子孫を残すためでしょうか。

 不思議と言えば、コンクリートジャングルで土のあるところは
どれほどあるのでしょう。

 まさかコンクリートの隙間から出てきたとは思えませんし、
あれやこれ童心に帰ってなぜ、なぜと自分に言い聞かせた休み時間でした。

 残暑の厳しさもそろそろ終わり近く感じられます。

そうそうこのセミの名前、ミンミンセミにしておきましょう。
間違ったらゴメンナサイ。

 さて、私も研修、研修です。ミーンミンミン
スポンサーサイト

semi

2012.08.27.15:03

せみ

サルスベリ (百 日 紅)

2012.08.20.11:57

 サルスベリ

サルスベリ

 残暑厳しいこの頃に咲く花は限られています。
咲き誇っていた種々の花々も終わり、来年への準備に入って夕立ち
を待っていることでしょう。

 我が家の前で咲いているサルスベリ、道行く人も思わず見上げています。

 猿も木から落ちるとこの名がついたと聞いていますが、
猿が落ちるとは誰も思わないのになぜなのでしょう昔の人の
ジョークがそのまま今に残ってしまったのかも知れません。

 それにしても、すべすべした樹皮に連想したい気もします。

 百日紅とも言いますが、花の色は何種類かあり、我が家には白色の
サルスベリがあったことを思い出しました。

 ゴルフ場でのグリーンで、キャディさんからサルスベリの木から
高速道路に向かって早いから気をつてくださいと忠告を受け、そっと
当てたつもりなのですが、ゴルフボールは、グリーンを超えてバンカー
に入ってしまった。

 失敗したいやな思いでですが、花ことばにあった気がします。

 間もなく、澄み切った青い空、すがすがしい季節ももう間もなく
到来します。

 四季のある日本に生まれて良かったと感じています。
 
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
RSSフィード
リンク
ブログ内検索