2011.09.26.16:31

  彼 岸 花
彼岸花

 今年の異常天気に彼岸花もびっくり。

 毎年彼岸の入りに見事に赤い花を見せてくれるので、自然は凄いな~と
感心していたのですが、今年はいまだ開花していません。

 台風一過とともに秋色に空も、雲も、風も、空気まですっかり変わってしまった。

 例年にない異常を察知したかのように彼岸花も開花の時期を遅らせたようです。
それでも庭隅でこのようにがんばっています。

 つぼみのまま枯れてしまったら大変です。
富士山も初冠雪とニュース報道があり、地球上では様々な出来事が一挙に吹き出て
います。

 地球は、危機状態なのでしょう。

 救世主は、いるのでしょうか。地球外生物?エイリアン?
ただただじっと待っているのみなのでしょう。


彼岸花2

  この彼岸花は近くのマンションにある公園で撮影したものです。

  さすがに咲き誇っています。庭師の技でしょう。

  彼岸花は、アルカイドを多く含む有毒植物だそうです。
 ネズミもモグラも近寄らない。それで田んぼのあぜ道に農作物守り神として
 植えているのだ聞きました。

  我が庭の彼岸花は何の守り神?植えたのではなく昔から自然に生えていた
 ので気にしませんでしたがきっと他の植木に混ざって根をおろしたのでしょう。

  きっと我が家にやってくる鳥たちや生き物を守っているでしょう。
 そのおかげで私も明日の朝が迎えられているのだと思う。
スポンサーサイト

2011.09.06.15:28

   カクレミノ

カクレミノ

 あまり聞いたことのない名前の木ですが、注意して観ると結構見かけるものです。

 我が家の西側にあり、今つぼみが膨らみ、花の咲くのを楽しみに毎日窓から覗いて
いますが、一向に花らしい花が見られません。

 それでも注意してみると僅かに丸いつぼみがはじけそうになっています。
昨年は、白い花らしきものが咲いた記憶があります。

 ウコギ科 カクレミノ属だそうです。

 車で移動している時、たまに目にとまり、つぼみはあるのか注意していますが
見たことはありません。

 不思議な木ですが、庭園木としても利用されているらしい。
名前が珍しいから植えたのでしょうか。

 我が家のカクレミノは、西日を遮るために植木屋さんが植えたのかもしれません。

 樹高は3m以上になって、幹は細いのですが葉が生い茂っています。

 不思議なのは葉なのです。


カクレミノ2

 一見普通の葉に見えますが、それがそうではなく不思議なのです。

 毎年、見ていたのに気がつかなかった。
 日陰にあってもよく耐え自ら太陽の陽をまんべんなく取り込む工夫がこの葉にあるのです。

 こんなことがあるのかと、やっと分かりました。

カクレミノ3

 さて、お見せしましょう。

 この葉の切れ込みはどうでしょう。
同じ木なのです。二つの切れ込みが分かると思います。

 三つの切れ込み、四つの切れ込みができ、葉が五枚にもなります。

 そして、この切れ込みから太陽の光りを下の葉に届くようにしているのです。

 何とも不思議なものです。
 今まで気がつかずに見過ごしていました。

 自然に逆らわずに生き抜くすべを知っていたのです。

 人類は、自然に逆らって発展をしてきました。今年はその付けが回ってきました。
この先、人類はどう選択して地球上で生き抜くのでしょうか。

 あなたのそばにもきっとこのカクレミノがある筈です。
 よく観察して将来への選択を考えてみたらいかがでしょう。
 
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
RSSフィード
リンク
ブログ内検索