たくましきアゲハチョウ

2011.04.15.23:01

 生命力の強きアゲハチョウ

アゲハチョウ

 昨年の10月末から11月初旬にかけてのことだと思うのですが、虫好きな二女が
庭のあまり大きくない山椒の木にアゲハチョウのさなぎを見つけ、枝を切りとって
小さな瓶に差し込み明るい洗面所の窓際に置いたのです。

 毎日、観察していたのですが、山椒の枝は枯れ茶色くなりさなぎも同様となり、
見かねて幼虫になるのは無理だから外に出したらどうだと云っていたのです。 がーー

 つい先日のこと何気なく目が山椒の木に移ったところ、何と脱皮したばかりの
アゲハチョウがいるではないですか。驚きました。

 約6ヶ月の間たくましく生き延びたのです。

 この生命力の強さに感動と驚きを感じずにいられませんでした。

 このところ気温も上がり春たけなわ、桜は満開、タンポポ、すみれ、チューリップ
等々待ちかねたように咲き誇っています。

 季節は忘れずにやってきます。それに合わせるように自然界のあらゆるものが
息吹いてこの世の春を謳歌しているのです。

 自然に逆らった人類が大変なことになっています。
以前、絶滅危惧種のことを書きましたが、いずれ人類がその仲間入りすることになることでしょう。

 自然と仲良く暮らしたいものです。

 アゲハチョウは、写真の右下に薄く見えるさなぎの抜け殻から脱皮し、枯れた
山椒の木にじっと止まっています。脱皮したばかりで食べるものもありません。

 瓶ごと表へ出してあげましたら見事に美しく羽ばたいて自然界へと帰って行きました。

 つかの間の出来事でしたが、すがすがしい気持ちです。
たくましいアゲハチョウに感謝。


あげはちょう2

 慌てて写したので少しピントがぼけてしまいました。お許しあれ。

 庭には、30~50センチメートルの山椒の木が数本あり、木の芽とその緑そして香りが
よいので、我が家では料理の彩として利用しています。

 まさかアゲハチョウの幼虫が好んで食べる食草とは知りませんでした。

 庭の山椒の木にもまだ幼虫がいるかも知れません。外敵からさなぎを守るために
葉が込み合っており、棘がある山椒の木を選び卵を産み付けるなんてどうして知ったのでしょう。
不思議なものです。

危険予知能力に乏しい人間も見習わなくっちゃ

 明日にでもそっと覗いてみようと思います。

 
スポンサーサイト

春がきた

2011.04.05.15:50

  例年より遅い春が来ました。

春がきた

 近くの公園のさくらが咲き始めました。

 今年は異常気候が続き海も、山も、川も地球上のあらゆるものが怒りだし天変地異。
そこえ原発という人災。世界中が大騒ぎです。

 地球上に人類が誕生し、人間の自然破壊に自然の逆襲が始まったのでは?
言葉のうまさに操られ物欲、金欲、権利欲等なくても済むものを与えられ、
なにかというと公平、平等をうたい文句にお偉いさんは好きなようにする。

 この世に公平平等なのは1日24時間だけで不平等、不公平が人類進化の歴史です。

 自然の草木は、こんな状況でも季節を忘れずに咲き、私たちをなごませてくれます。
仕事の途中で春を見つけ写しました。

 自然に逆らうことなく一生を終えたいものです。

春がきた2

 近所のしだれさくらです。
 あまりの大災害に外の自然の変化に気がつかず、見過ごしていました。

 もう4~5部咲きでしょうかピンクのかわいい花びらが私を見下していました。
今しか見られないさくらなのに花見もなし、会議、懇親会も中止、旅行もほぼキャンセル
状態、ガソリンはなし、電池もなし、水もなし次々と色々なものがなくなってしまう
ないないずくしの現状はどうなっているのでしょう。

 このままですと日本経済はどん底へと転げ落ちていきます。
こんな時こそ各種イベントの開催、旅行企画、会食宴会、歓送迎会等々を行い
被災地支援金を上乗せしても参加者は増えるのではないでしょうか

 経済の活性化をしないと小規模事業者は経営が成り立たず、税収も落ち込み
大変なことになるのではと危惧しています。

 政党は大連立? ばかばかしい一党独裁で御目付役がいなくなるのだからやり放題
となる。国民不在もいいところ。

 新税創設?貧乏人からどうとるというのでしょう。何を考えているのでしょう。

 政治家に重要なのは、判断力、決断力、実行力です。うまくいかなかったら修正すれば
良いではないですか、地位と権力にしがみつく政治家は最低です。

 今年は世界中で紛争が多発しています。人類がその手によって地球の破滅への道のり
を進んでいます。

 地球もそう長く人類が支配することはないよう思えてなりません。
もっと自然を大切に自然と共に暮らせる世の中になるとよいのですがーーーー

 今日もローソクの灯りで晩酌できるなんて幸せこの上ありません。




月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
RSSフィード
リンク
ブログ内検索