藤の花

2010.04.30.11:27

  藤の花が咲き始めました
藤の花2

 朝、窓を開けるとぷ~んと何とも言えない香りが部屋の中に入ってきます。

 いよいよ我が家自慢の藤の花が咲き始めたのです。
あまり自慢できるものはないのですが、この藤の花だけは特別です。

 今年は天候不順で心配していたのですが、自然の力はすごいものです。
4月も今日で終わります。草木が一斉にこの時を待っていたかのように競って
芽吹きをし花を咲かせそして次の代への橋渡しをします。

 どの花にも見ごろはありますが、私は満開となる一寸前の花が一番と感じています。

 今朝、道行く人もこの藤の花を見上げています。中には戻ってデジカメでパチリ
こんな幸せを感じさせていただけるのもこの藤の花のお陰です。

 通りがかりの人も今日一日さわやかな気持ちで仕事に打ち込めることと願っています。

藤の花

 藤棚からはみ出し、3階まで伸びてしまいました。

 50年以上は時をたっているのですが、衰えはありません。
衰えていくのは私の方でしょうか。がんばらなくっちゃ!がんばるぞ~~
人も一年間の手入れが大切なのだと藤の木から教わりました。

 もしお時間が取れましたら、ぜひ見に来てください。
 今しかありません。この花たちもきっとあなたを待っていることでしょう。
スポンサーサイト

スキーは楽し

2010.04.20.16:34

   春スキーは最高

スキーは楽し1

 今年も又、娘のお友達 奈津子ちゃんと春スキーへ
スノボーのあんちゃん2人(昨年一緒だった)も一緒。

 行先は、神立。4月なのに積雪は2mを超えるので満足この上ない状況です。
なぜ神立? 高速の出口から近く多くの時間滑れるというのが理由。

 もう3年越しになろうか。娘の顔を立て生ビール、昼食と何でも食べてくれ!
遠慮はいらないと云うものの皆さん育ちがよいのか遠慮しているのでこちらから
ビールのおかわりを頼んでしまった。癖になるかな~~又、来年もよろしくなんて
言わなくてよいヨ!?

 全山滑りまくりさすがに疲れました。若者も疲れるのだから、私が疲れるのは
しょうがない。何といっても彼女、彼氏の2倍生きているのだからーーーー

 それでも楽しさは変わらない。もしかすると私の方が倍楽しんでいるのかも。
 最終のゴングまですべり、立ち寄り湯に入りたいと誰かが言う。全員賛成。

 温泉へ行く。全員分私の負担。高速料金が安いのだからマーいいか。

 この分だと来年もご一緒となりそう~

 皆さん早く良い人見つけて~~~   楽しい一日でした。

谷川

 その後、谷川の天神平へ出かけました。

 積雪は2m10、前日雪が降り最高のコンデション
 例年ですと山肌がところどころ地肌が出ているのですか、真っ白です。

 若いスノボーの人たちが90%以上です。リフトに同乗した若者から
もう長くやっているのですか?と声をかけられ長すぎるぐらいやっているよと答えると
年齢を聞きたそうでしたのであわてて話題を変えスノボーは楽しい?今年は何回ぐらい来たの、
と交わしている間に終点。

 よい一日をと声をかけてくれました。ありがとうと先にすっ飛んで行ったので彼はどう
感じたのかな。自分もあの年ぐらいは楽しめるなと思ったことでしょう。

 ところでこの写真谷川岳のとまの耳と、ときの耳が何とも美しいでしょう
これも楽しみの一つなのです。

 澄んだ青空、たまに通り抜ける雲、湧いてくる霧、そして都会では決して味わえない
空気。

 今からでも遅すぎることはありません。あなたもこの景色、
空気を味わったらいかがでしょう。

その後のハト

2010.04.15.14:19

  気になるその後のハト

その後のハト

 つい先日のこと、ブログを見た方からあの鳩どうなりました?
とお声をかけていただきました。

 その翌日の朝、例によって柿の木にやってくるのを待ち写したのがこの写真です。

 あの鳩がお友達?を連れてやってくるようになったのです。以前一緒にいた
ハトでないことはしぐさで分かります。

 さて、どうするかな(ブログに乗せようかどうかと迷っていました)と思いましたが
しばらく様子を見ることにしたのです。
私の心中に迷いがあり、そっとしておこうという矢先に御声をかけられ、それではと、
写してその後をお知らせすることにしました。

 どうです。なかなかやるではないですか。
やもめ暮らしは鳩の世界でも厳しいのかな、このとおり仲良し(お気に入り)が見つかり
まんざらではなさそうな顔をしているでしょう。

 以前のお気に入りの指定席でないところが私には気になるところなんですがーーーー

 柿の葉も若々しく日差しに輝いています。鳥たちにとって恋の季節がやってきたのです。

 なにはともあれめでたし、目出度しと祝福しましよう。

その後のハト2

 二羽揃って毛つくろい、気持ち良さそうにしています。

 どちらが雄でどちらが雌かって?
どちらでもよいではないですか、人の世も鳥の世界も同じようなもの、

ところで私は、ハトの食事を用意し続けることとなりました。

ちなみにハトは、果物はたべないことご存じですか。そして強靭な胃の持ち主
でかなり硬いものも消化してしまいます。大食漢で水は飲みます。

 あまり私のおこずかいを減らさないで欲しいのですがーーー
仕方ないか。

 その後のハトのお話でした。
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
RSSフィード
リンク
ブログ内検索