今年もあとわずか

2008.11.30.20:11

 あわただしく今年も終わる
イルミネーション

 会議で新宿へ
会議疲れでビルの外へ出るとびっくり!

 そこは別世界であった。場所は南口のサザンテラス
朝、昼の景色とはうって変わったイルミネーションの輝く世界が広がる。

 人、人の多さに驚く、人工的であるがさすがに考えて作られているだけあって
きれいである。ここにいると景気の悪さも忘れそうになる。だから人々が集まって
くるのかな?

 今までいたビル内の会議室、討議し合った議案の緊張感からしばし解き離され
てしばしたたずむ。皆楽しそうにしている。

 そこへ何しているの声に我に返る、会議後の疲れをいやす飲み会のお誘いなのだ
裏通りへ廻り地下の大衆酒場へーーー又、会議の延長、仕事の話である。

 そして今年も終わろうとしている。
一瞬の安らぎも一杯のアルコールとともに消え去る。
スポンサーサイト

あきらめか?

2008.11.07.15:56

  楽しみの柿も最悪の状況

メジロ

 毎朝7時ごろとなると決まって大物君(カラス)が二羽やってきます。
むんずとくわえ駐車場へ足で押さえ食べるのだ!何といっても羽があるのでかないません。

 その後は、小鳥たちが入れ替わりに飛んできます。この写真はメジロですが、5~6羽
が集団で来ます。しかし小さな体なので幾ら食べてもさほど柿の数は減りません。


 先日は、コゲラがきましたが、動きが早くデジカメではとらえることが出来ませんでした。
図鑑でみてコゲラとわかったのですが一体どこから来るのでしょうか?観察していると柿を食
べにきたのではなく幹の虫を狙っているようです。

 今年は、人間たちの口にはあまりはいらなそう~~
 この地球の一員なのだから分かち合うのも仕方ないか。

ムクドリ

 お次は、戸袋ムクちゃん。
 我が家ではこう呼んでいます。なぜかと言うと隣家が建て替えする前の家の時、雨戸をしまう
戸袋がこの柿の木の前にあったのです。そこえムクドリのつがいが巣をつくり、毎日、戸袋を閉め
られたら大変と毎日心配していたところ、無事三羽のムクドリが巣立ちました。

 そんなことがあったのでムクドリが来ると戸袋ムクちゃんと言う事になってしまったのです。
この写真のムクドリがその時のムクドリ? 定かではありませんが、きっと親鳥がこの目の前の
柿が、冬を迎える子供たちの助けになると思ったのでしょう。

 それほど美味しい柿なので、今年も迷惑をおかけした近隣の家へ数少なくてもお配りしたい
と思っています。

 鳥たちよ少し残していおいてくれーー ----
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
RSSフィード
リンク
ブログ内検索