彼岸花(マンジュシャゲ)

2008.09.22.14:40

  今年も忘れずに咲き始めました。

彼岸花

 地球の温暖化等気候状況の変化が騒がれていますが、庭の片隅で咲き始めました。

 どうしてお彼岸にぴったり合わせたように咲くのでしょう?不思議です。
子供の頃、<赤い花ならマンジュシャゲ オランダ屋敷に雨が降る 濡れて泣いてた
ジャガタラオハル> と歌われていたことを想いだします。

 今ではナニ、ソレ?と言われそうですがーーーー 自分でも良く覚えているもんだと
感心?しています。きっと他に興味を満たすなにものもなかったのでしょう。

 親からは、球根に毒があるから気を付けなさいと言われそっと眺めるだけにしていました。
今では毒のある植物は、利用の仕方によっては薬草となる可能性が大です。
どなたか不治の病に効く特効薬を作っていただけたらと思っているのですが、夢物語で
しょうか。

最近では、日高市の巾着田の彼岸花が有名となりました。今頃大勢の見物客で賑わって
いることでしょう。

 群生して咲き乱れ見事なものだと思いますが、私は、この写真のように庭の片隅で
人知れず静かに咲いている彼岸花に愛着を感じます。

     暫くの間、忘れかけていたことを想い出させてくれたり、
                       夢をみさせてくれる曼珠沙華に感謝!


彼岸花2

 あまりに見事に咲いたのでもう一枚!


 
スポンサーサイト

 ヤモリ君ただいま

2008.09.10.16:59

  今日もお出迎え

ヤモリ

 仕事が終わり夜家に帰ると真っ先に出迎えてくれるのは、ヤモリ君。(さんかな?)

 多分嫌われ者なのではないかと思いますが、よく見ると、かわいい目をしてお迎えです。

 特に飼っているのではないのですが、数年前外壁の全面塗装をしたので、どこかへ
行ってしまったとばかり思っていました。

 ところがこの夏、小さなヤモリが2匹いるではないですかビックリです。
玄関先でまるでお出迎え、逃げようとしません。暫く見ているとヤモリ君と目が合い
へ~かわいい目をしていることに気がつきました。

 家の中には入ってきません。きっと家の中は蚊取り線香とか消毒液等があり危険を
察知しているのでしょうか?

 壁の色とほとんど同じなので写真写りが悪いのですがーーーー
親の姿はまったく見当たりません。子供のヤモリがよく生き延びたものです。

 昔からヤモリが家にいる間は、その家には悪いことが起きないと言われています。

 きっとこのヤモリ君(さん)が、我が家を守ってくれているのでしょう。

 私も君たちを守ってあげるから、期待していますヨ!ヤモリ君(さん)。

やもり2



 

メダカのお見合い

2008.09.05.14:53

  ぼくもお嫁さん欲しいな~

メダカのお見合い

 屋上のすいれん鉢のメダカ、玄関のすいれん鉢のメダカのほかに実は、水槽のメダカ達が
いるのです。

 この水槽のメダカ達には子メダカがいないのです。その理由は、なんと皆男の子のメダカ
だったのです。どうりでみんな同じヒレをしていることに気がつきました。

 愚かな飼い主のせいでいままで独身をとおしていた。?

 愚かな飼い主は、早速お嫁さんをと考えたのです。

 そこで、すいれん鉢のメダカからお嫁さん候補を選ぼうかと思ったのですが ------
すべて血縁(?)同士、愚かな飼い主は、お店からお嫁さんをと思い早速求めてきました。

 お店では、男の子、女の子の区別をしてくれません。仕方なく複数のメダカを求めること
になってしまいました。

 左の水槽が、男の子ばかり、右の水槽がお店から求めてきた男の子と女の子のメダカ達
ですが、まさか、男の子ばかり?ではないでしょうネ(少々心配です)

 水槽を隣り合わせにしてお見合いです。興味シンシン?

 よく観察をしてお嫁さん候補を隣の水槽に移してあげようと思っています。

 愚かな飼い主 -- 喜んでくれるかな~~

 メダカ達 ----- 勝手に喜んでいるのは、お前さんだろう

                                   馬鹿な飼い主

月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
RSSフィード
リンク
ブログ内検索